2015年4月21日火曜日

「お仕事のお知らせ『NHK俳句4月号』」

表紙イラスト:蜂谷一人

 NHKの番組「NHK俳句」のテキスト、4月号か
らはじまる新連載・宇多喜代子先生の『くらしの暦』
『俳句カレンダー』と、稲畑汀子先生の『選句という
大事』でイラストを描かせていただきました。
 どちらも粗目の水彩紙にアクリル絵具と、岩絵具を
使って描いております。来年の3月号まで、1年間描
かせていただ予定です。


『くらしの暦』では、宇多喜代子先生が、くらしのな
かで感じる季節のことについて、書かれています。お
なじ月でも、空気のにおいや色が移りかわってゆくこ
とに、あらためて気づかされます。うつくしい季節に
めぐまれた日本に暮らせて、うれしく感じます。



 二十四節気、七十二候の『俳句カレンダー』では、
その月ごとの季節に見られる、自然や静物のカットを
描かせていただいています。お花見の三色団子は、ど
うしても食べたくなって、ラフにおこしましたら、使
ってくださいました。もちろん、お花見のころに、お
団子をたくさん食べました。




『選句という大事』では、投句のための自選から、選
者としての選句まで、長年にわたり、たくさんの選を
されてきた稲畑汀子先生が、選句の際に大切にされて
いることを、お話しされています。今月は、ご自身の
学生時代のころの自選をとおして、自選の大切さをお
話されています。

出刊:NHK出版
AD:葦澤泰偉
デザイン:児崎雅淑(葦澤泰偉事務所
     五十嵐徹葦澤泰偉事務所