2015年4月21日火曜日

「お仕事のお知らせ『NHK俳句5月号』」

表紙イラスト:蜂谷一人

 4月号からイラストを描かせていただいているNH
Kの番組テキスト「NHK俳句」の5月号が発売され
ました。店頭で、見かけられることがありましたら、
ぜひお手にとってくださると、うれしく思います。


 5月の「くらしの暦」では、八十八夜のこと、端午
の節句の思い出や、大好物の初鰹について宇多喜代子
先生がお話しされています。お茶の葉の絨毯が広がる
茶畑は、奈良からも近かった宇治の茶畑の風景の記憶
をたどりながら描いてみました。




 女性の口紅の朱のもとになる紅花は、子どもの頃の
あこがれでしたが、5月のお花だったのですね。今月
の「俳句カレンダー」のタイトルそばに描かせていた
だきました。毎年、愉しみにしている筍とそら豆もい
っしょです。



 戦時中、疎開されていたお醤油づくりをされている
頭首やご家族のお話からはじまる今月の「選句という
大事」。お醤油蔵の樽たちを描いてみました。おじい
さまである高浜虚子さんの選で学ばれ、たくさんの選
句をされてこられた稲畑汀子先生のお話は、俳句をつ
くることはもちろん、ものづくり全般に通じる貴重な
お話と思いました。現在、7月号が進行中です。

出刊:NHK出版
AD:葦澤泰偉
デザイン:児崎雅淑(葦澤泰偉事務所
     五十嵐徹葦澤泰偉事務所